先輩オーナーの体験談

はんこ屋さん21フランチャイズ募集-吉岡オーナーの体験談 デザイン会社を20年間経営していた吉岡さん。
新天地を求めて「はんこ屋さん21」フランチャイズに加盟し、2010年に久里浜店をオープンした。
久里浜店オーナー

1. 開業までの経緯

グラフィックデザイナーとして、デザイン会社を20年以上経営しておりました。
以前より店舗経営に興味があり、グレエイトさんとご縁があり、「はんこ屋さん21チェーン」を検討させていただきました。
はんこ屋さん21逗子店さんを始め、近隣のオーナー様にご相談いただいたり、自分でも様々調べてみた結果「はんこ屋さん21チェーン」を決断いたしました。
今年で3年目になります。いろいろなタイプのお客様がいて様々な事がありましたが、丁寧な接客を心掛け、地域No.1店を目指して日々頑張っております。

2. 開業の決め手

近隣地域の数店舗オーナー様のお話を伺い、実際の現場で起こる、様々な問題などを伺いました。
印鑑やゴム印だけで売上が成り立つとは考えづらかったのですが、リピート性のある印刷分野もあり、現実的に考えて勝算ありと判断いたしました。

3. 開業後の生活

「はんこ屋さん21チェーン」を始めたからといって、それだけで生活ができるようになると思わないでいただきたいです。
本部のノウハウやスーパーバイザーのサポートなどとともに本人の努力があって初めて成り立つものです。
例えばスーパーバイザーさんを私はお店のパートナーだと思っています。
疑問点や相談にはアドバイスしていただいていますが、最終的にはオーナーの判断によって、経営が成り立ちます。お店の(オーナーの)日頃の努力も大切です。
徹夜や深夜までの残業は少ないですが、なるべく効率的に時間や作業を管理することが必要です。

4. 今後の目標

久里浜コピーセンター
△久里浜コピーセンター

近隣地域の先輩方にご相談いただき、同規模、同年数の店舗さんに追いつけ追い越せ!の精神で頑張ります!
「明日は今日よりも、必ず素敵な一日になる。」をモットーに、地域ナンバーワンを目指してがんばっています。


出勤~開店 ゴミ出し、看板出し、仕入れのチェック等を行います。
午前中 前日に本部に発注していた商品が届き、検品・品出しをします。
当店は金の買取も行っているので、毎朝、買取価格を本部から送信される価格に更新しています。
お昼休み 昼休みは早めに、11:00頃からです。
お客様はお昼休みにいらっしゃいますので、12:00には食事を済ませています。
午後 日によってですが、ピーク時間は13:00~16:00です。
その時間にお客様の心をつかむことが大切です。
閉店~退勤 角印など、時間のかかるものは夕方以降に彫ります。
忙しいスケジュールをどうこなすかがポイントになります。

説明会日程とお申し込みはこちら

資料請求・お問い合わせはこちら

TOPへ戻る